初心者のためのFX講座

PAGE LIST

外国為替証拠金取引の内容

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 為替取引とは、現金を使用しない決済方法です。
そのため、商品を購入する際に現金決済ではなくクレジットカードなどで支払いを行う場合も、大きな意味で考えるなら為替決済ということになります。
しかし、FX、つまり外国為替証拠金取引について考える際には、もう少し為替の意味を狭めてみる必要があるでしょう。
現在、為替という言葉を使用する場合には、投資のために異なる通貨同士を交換することを指すようになってきました。
そして、FXの場合には、この通貨同士を交換する際に生じる2つの通貨間の為替差が、投資家の利益となるのです。
例えば、1ドルが100円のときに円をドルに交換すると、投資家は100円支払って1ドルを得ることになります。
そして後日為替の変動によって、1ドルが110円になったとするとどうでしょうか。
このタイミングで投資家がドルを円に交換すると、投資家の手元には110円入ってくるのです。
最初に投資したお金は100円ですから、投資の結果10円の利益が生まれるというわけです。
厳密に言えば取引のための手数料が必要であったり、金利が発生したりするため、この計算が正確とは言えませんが、FXの基本的な仕組みはこのようになっていると思って良いでしょう。
外国為替証拠金取引では、このようにして為替差による利益を狙っていきます。
そのため、FXを始めるためには、為替の変動を予測したり、現状を正しく理解したりするためのスキルが必要になるわけです。

人気のホームページ情報をご案内

Copyright (C)2018 初心者のためのFX講座.All rights reserved.