初心者のためのFX講座

PAGE LIST

現金取引と為替取引の違い

お気に入りに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 外国為替証拠金取引、つまりFXでは外国為替が投資の対象となっています。
そこで、まずは為替とはどういったものなのかを知るところからスタートしてみましょう。
為替というものは、私たちが日頃生活をしている中で、あまり関わりがないように感じられます。
私たちは日々の生活の中で買い物をしますが、そのときには現金決済をすることがほとんどです。
しかし、古くは江戸時代から、実は現金を利用しない決済方法というものが存在していました。
例えば、○○さんが遠方にある酒屋から酒を購入したとします。
酒屋は商品である酒を○○さんに送りますが、その場合の支払いはどうしたら良いでしょうか。
こういった場合に、現金を酒屋へ送るのではなく、両替商を通じて支払うという方法がありました。
酒代はまず両替商が酒屋へ支払い、○○さんは酒代を両替商に支払って、決済となるわけです。
この方法では直接の現金決済が行われることがありません。
これが、日本における為替の起源だと言われています。
そのため、為替とは外国とのお金の取引だけに限らず、国内でも取引があるということなのです。
現在でも、クレジット決済などは日本国内で行われている内国為替だと考えることができます。
そして、この為替の取引を外国と行う場合が、FXに登場する外国為替ということになります。
最近ではネットショップで海外から商品を取り寄せるケースも増えていますので、こういった場合の決済方法も外国為替だと言えるでしょう。

人気のホームページ情報をご案内

Copyright (C)2018 初心者のためのFX講座.All rights reserved.